これからも「つける」にかける情熱とともに。

人類初の月面探査機レース「Google Lunar XPRIZE」。10年にわたる月面への挑戦は、勝者無く2018年3月末のレース期限をもって、その幕を閉じました。

優勝候補といわれるまでに健闘した、日本初の民間月面探査チーム「HAKUTO」の挑戦も、残念ながら月にたどり着くことは出来ませんでした。しかし、HAKUTOを運営する株式会社ispaceは、月面探査ローバー「SORATO」の開発を通じて得た技術やノウハウを活かし、今後も日本初の民間による月面探査への挑戦を続けていきます。

セメダインは、1923年に国産初の接着剤を生み出して以来、さまざまな産業界の「つくる」を「つける」技術で支え、HAKUTOが挑戦したミッションでは、接着剤の振動・真空・温度環境への耐性と作業性の評価等でHAKUTOと連携し、数々の厳しい条件や試験をクリアして「宇宙仕様」の性能を持つ接着剤を開発し、技術支援を行いました。

HAKUTOチームエンジニアとの開発協力を通じて、未知の課題に一丸となって挑んだ経験を活かし、これからもモノづくりの最先端をつける技術で支え、応援し続けます。

INFORMATION & NEWS